秋野菜の具だくさん汁(もち麦)

【2018.11.07】



こんにちは。まろうど母さんです(^_^)
11月に入り、紅葉の美しい季節となりましたね。真紅に染まった紅葉を見ると、秋の深まりを感じます(*^^*)
そして今日は立冬、暦の上では冬に入りました。これからの季節は栄養豊富な旬の野菜を食べて、風邪など引かぬよう免疫力をアップさせていきたいですね。

そこで今回ご紹介するレシピは、里芋やさつま芋、しめじなど秋の味覚たっぷりで体も温まる「秋野菜の具だくさん汁(もち麦)」です♪

里芋にはカリウムが豊富に含まれていて、体内の塩分濃度を正常に保つ働きがあるので、むくみや高血圧の予防・改善に効果が期待できます。
そしてさつま芋には、加熱しても残るビタミンCや食物繊維がたっぷり含まれていて、風邪の予防や疲労回復の他、腸の環境も整えてくれます。
更にしめじにも、食物繊維の一種であるβグルカンが豊富に含まれ、コレステロール値の上昇を抑制してくれる他、免疫力を高める効能もあるため、風邪の予防やがん細胞の抑制などに効果が期待できます。

そのうえ人参と豚肉、もち麦入りあまざけも入って、体の中から美味しく温まる「秋野菜の具だくさん汁(もち麦)」、ぜひ作ってみてくださいね(*^^*)

材料

里芋 2
さつま芋 1
しめじ 1
人参 1
豚肉 100g
☆薄口醤油 大さじ2
☆だしの素 小さじ1
もち麦入りあまざけ 50g

作り方

1.野菜を好みの大きさに切る
 ※具だくさん感がほしいので、大きめに切っています

2.鍋に油を敷き、根菜類を炒める

3.根菜類に火が通ったら、豚肉を加え炒める
4.最後にしめじを入れ、表面に火が通ったら、具材が頭を出すくらいの水を入れ煮る
5.少し沸騰してきたら弱めの中火にし、☆を加え、根菜類がホクホクするまで煮る

ワンポイントアドバイス

生姜を加えると、より一層体が温まりますよ。
ゴボウや椎茸など、お好みの具材で作っても美味しいです♪

  • 〒882-1103 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山6604
  • TEL / 0982-72-7226
  • FAX / 0982-82-2283
  • MAIL / muratabi@bz04.plala.or.jp

© takachiho muratabi. All rights reserved.